古い家も新しい家に変えられるリフォーム~チェンジザハウス~

construction

カバーを交換

末永く利用するために張り替えをしてみましょう

ソファーはいいものを大切に長く使っていきたいと考える家庭が多く、傷んだソファーを自分で補修したり、専門の業者に依頼します。自分で張り替えをするのはとても難しいものです。既存のソファーが布製の場合、カバーのみを販売していることもあり、カバー交換をすることでデザインを替える方法があります。コストも抑えられるので、大変便利です。商業用に使用しているソファーなどは、カバーリングタイプであれば気軽に演出を変更でき、改装効果を期待できます。

表面だけでなくソファーの内部のメンテナンスもしましょう

ソファーの張り替えで難しいものに、革製のものがあります。革のメンテナンスは自分で行うと、染色が落ちてしまったり、染みになったりと余計に痛めてしまうことがあります。また、革を用意する費用や、張り替えの手間がかなり掛かります。専門の張り替え業者へ依頼すると、納期は3週間から1か月掛かります。工場まで配送する手間や費用も掛かりますが、その出来栄えは、見違えるほどの変化があります。業者利用者には好印象となっています。また、表面上の穴やキズだけでなく、座り心地も劣化していきます。クッション性が損なわれると、内部のウレタンを交換する補修が必要です。メンテナンス依頼に多い悩みの一つとなっています。ソファーに限らず古くなった家具を再生させ、長いお付き合いができるとゴミ削減にも繋がります。